発展する国

海外で会社設立したいと考えている人達から、熱い注目を浴びているアジアの国があります。
その国は、インドネシアです。
首都であるジャカルタは発展が著しく、人口も世界で上位に上がっています。
また、日本の貿易相手国としても、中国やシンガポールに続いて第3位の貿易国です。
このことから、日本との関係が良好ということもわかります。

インドネシアで、会社設立する日本人が増えていることには、理由があります。
それは、いくつかのメリットがあるからです。
まず、大きなメリットとして外資100%の割合で株式会社にすることが出来ます。
外資100%ということは、現地人と会社トラブルが起きることがないということを指します。
また、メリットがある反面、注意点があることを忘れてはいけません。
注意点とメリットを十分に理解した上で、会社設立することが最適です。

会社設立をする際には、必ず資本金が必要になります。
海外で会社設立をする場合、会社の形態に応じて準備する資本金が異なります。
日本国内では、1円の資本金で会社が設立できるようになっています。
インドネシアも日本同様に、少ない資本金で会社を設立することが可能です。

労働条件の法律は、各国によって異なります。
その為、現地で雇用をする場合には、必ず現地の労働条件の法律を確認しないといけません。
インドネシアは、労働時間が一日8時間です。
これは日本の法律と同じです。
しかし、休憩時間は日本より少なく設定されています。
また、残業時間は本人同意の元、一日3時間までと決められています。

 
 

発展する首都

インドネシアの首都であるジャカルタは、発展が著しいエリアです。日本国内の会社は海外支社として、ジャカルタに会社設立する起業も少なくありません。首都ジャカルタの魅力を紹介します。

会社設立の利点

会社設立は、誰しも慎重になるものです。行動に起こす前に、メリットや注意点をしっかり考えなくてはいけません。特にインドネシアなどの海外で事業を起こす場合には、情報収集が必要です。

設立にかかる費用

インドネシアで会社設立をする企業が増えてきています。何故かと言うと、比較的安い金額で設立することが可能だからです。事業を起こす際には、資本金について知っておくべきことがいくつかあります。