設立にかかる費用

会社設立といっても、資本金をどのくらい必要とするのか予め知っておく事も重要になってきます。
現在は、低資金で会社設立ができる世の中になっている為、大きな資金を必要とはしません。
少ない資本金でも、大手企業に成長したという情報もありますし、必ずしも、資金があれば成功するということもないのです。
基本的に、会社設立に必要な資本金は、株式会社なのかそうでないのかで変化してきます。インドネシアで会社設立を行なう場合は、形態として有限と駐在に分けることができます。
しかし今回は、インドネリアで会社設立を行なうので、この場合株式会社にすることが多いです。
中には、株式を公開しないこともあり、中小企業に多く見られるタイプになります。株式会社としてインドネシアの会社設立を目指す場合は、一律インドネシアの単価で30億ルピア、株主に必要な人数は400人程と決められています。
逆に非公開の場合は、株主の数も、資本金も安くなる傾向にあります。

会社の形態によって、資本金が変化してくるわけですが、これも、会社設立代行サービスに依頼すれば、安心して準備することができます。
インドネシアで会社設立を行なうとなれば、書類も現地語にする必要があります。まだ習得中の人など、まだ語学が弱い人も代行サービスに手続きをしてもらうことができれば壁に当たることもありません。
それも、低価格でサービスの提供をしているので、財布にも優しいです。
これから初めてインドネシアで会社設立をする人は、資本金がどれ位あるのかを確認してから起業に向けて動いていくようにします。